夢を諦めるべきか迷ったらチェックするべき指針

夢をあきらめるべきか 人生を豊かにする方法

こんにちは社楽(@syarakusya)です。
みなさん夢(人生の目標)は持っていますか?なんと2018年の調査では「夢をもっている人」は51.9%となっています。

思ったよりもたくさんの方が夢を持っていました。

調査対象:20歳以上の男女14,100人
調査エリア:全国
調査期間:2018年2月9日(金)~2月14日(水)
調査手法:インターネット調査

いま読んでくれている方は夢に向かってがんばっている方々ですよね。そして、ちょっと夢を追うことに疑問を持ったり、疲れているのではないでしょうか。

この記事を読んでもなお、自分の夢に向かって頑張りたいと思える人は自分が納得できるまで夢に向かって頑張るべきだと思います。

自分が追い求めている夢に関して、そもそも、あなたにとって絶対に必要な夢なのですか?ということを一度再確認した方が良いです。

というのは、僕自身が自分の夢をチェックして軌道修正した経験があり「あれ、道は1つだけではなかった」という考えに至り、違う方向に舵を切ったのです。

今思うと、あの時に気づいたのは不幸中の幸いでした。10代や20代の頃は時間は無限にあると考えてしまうけれど、思っている以上に短いんです。気づけるのであれば早く気付くべきで、本当の自分の夢に向かって全力すべきですよね。

というわけで、3分で読めるので「自分の夢」をチェックしてください。

スポンサーリンク

その夢で達成したい「自分の目的」を見つめ直す

自分の夢を見つめ直す

その道だけが達成するのに1つの方法しかないわけではありません。
1つの道に固執していると、最悪は何者にもなれなかったという不幸が待っている可能性があります。

例えば、弁護士になりたいという人の真の目的は何があるのでしょうか。

(1)法律に興味があり、弁護士という困っている人を助けることができる職につきたい
(2)法律に興味があり、法律にたずさわりたい
(3)弁護士はモテそうだしかっこいい自分になりたい
(4)高収入だから
(5)社会的信用が目的だった
(6)資格をとって将来安定したい

この場合、(1)以外の目的だった場合は弁護士でなくても達成可能です。
(2)でさえも、弁護士以外にも司法書士、弁理士、会社の法務部など選択肢があります。

僕の肌感覚ですが、(3)~(6)が理由の方って80%程度いるのかなという印象です。

(3)弁護士はモテそうだしかっこいい自分になりたい
→自分がカッコいいと思う職業なんて他に選択肢はいくらでもあります。

(4)高収入だから
→弁護士は一部を除き思っているほど給料は高くないですし、お金が目的であればいくらでも他の方法ありです。ちなみに、お金が目的であっても全然良いと思います。日本人はお金設けを悪にしすぎですよね。

(5)社会的信用が目的だった
→そもそも社会的信用の定義から疑った方が良いですが、大企業なんてのも視野に入るのでしょうね。

(6)資格をとって将来安定したい
→税理士、社会労務士、中小企業診断士などなど他の道が多すぎるぐらいです。

他にも、例えばバンドで成功したいという人の場合

バンドで成功したいという人の本当の目的は
●お金儲けだった
●音楽と携わりたい
→レーベルに勤める(会社員)、フェスを開催する(イベント会社)

などがありますよね。

自分の「夢」と向き合い「本質」を見る

自分の本当の気持ちと向き合ってみてください。ここはカッコつけずに自分の気持ちに正直にならないと意味がありません。そうしないと本当の意味で自分の人生を生きれないです。

これをマーケティングでは「インサイト」と呼びます。「隠れた真理」ということで、本人も普段から考えているわけではないので、意識して考える必要があります。

暴露しますが、弁護士の例は「過去の僕」です。向き合った結果、
(4)高収入だから(5)社会的信用が目的 

上記が夢の本質だったという結論に至りました。じゃあ、別に弁護士でなくても良いよね。と思い直し方向転換し、今は一部上場企業メーカーでマーケティング職についています。

「隠れた真理」を確認する方法

自分と向き合うと言われても、気が散ったりしてなかなかできないものです。ここは今はやりの「瞑想」が効果的ですが、これまた瞑想自体も難しいので「歩行瞑想」と強制的に瞑想できる「サウナ」を紹介します。

詳しく書いているのでぜひ読んでみてください。

瞑想がうまくできない人は歩行瞑想がオススメ

サウナで強制的にマインドフルネス瞑想

まとめ

夢を追っていると、何が目的だったのか見失う瞬間がありますし、そもそもなりたい自分なんて変わってしまうものです。

よくあるパターンが、
「一度決めたことだから
「もう後戻りできないから」

というように、わざと自分の本音と向き合わないように、考えないようにしている人が多いと思います。

これは完全に脳死状態です。

時間は有限なので脳死している場合ではありません。早いタイミングで軌道修正しないと時間だけが過ぎていきますよね。

僕は気づくのに4年かかりました。その時間が無駄ではないけれど、ほかで時間を使った方が100万倍有意義に使えたと反省しています。

英語習得
バックパッカー
学生起業

あたりを経験しておけば、より人生に役に立ったと実感しています。

自分の夢に対して「なぜなりたいのか?」という目的を明確にして軌道修正したほうが良いのであれば、早いうちに修正することをオススメします。

人生の最終目標にコミットしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました