【書評】『直感力』メンタリストDaigo(ダイゴ)2秒で最高の決断ができる

直感力Daigo 人生を豊かにする方法

みなさん、直感を信じていますか?考えすぎている人いませんか?

なんとイスラエルのある大学の研究によると、人間の直観の的中率は90%です。

まじか!

成功者である人ほど、自分の直感をもとに判断しています。自分の直感力を信じていますよね。

本書の著者であるDaigoさんが言うには直感は「脳の論理思考の一種」とのこと。

経験や学習した中から、考えることなく無意識に答えを出す超高速の脳の意思決定プロセスなんです。

確かに著者のDaigoさんは、ここぞというときに直感という意思決定で活躍の場を広げてきましたよね。

この本は、そんな直感を大事にするDaigoさんが研究して導き出したノウハウが書かれています。

イラストや図がたくさんあるので、すごくわかりやすいです。

①直感は誰でも磨くことができる。
②正しい直感を妨げるバイアスを意識するようになれば直感のチカラをよりよく使える。

 

Daigoさんは科学的な根拠をもとにわかりやすく説明してくれて、しかも実行できるように紐解いてくれるのが良いですよね。

本を読んでいてたまにある
「で、どうすれば良いの?」
という消化不良はまったくなく、すぐにでも実行できる実践的な内容が書かれています。

スポンサーリンク

直観を味方につけるために

直感とは「論理的な思考や意識的な観察を介さず無意識に意思決定や判断が行われること」です。

一言で言うと 思いつきです。

直感は頭の良い一部の人だけが持っているものと思うかもしれませんが、全ての人が普段から使っていますよね。

要は、その直感を「活かすことができるか」という違いです。

熟考して答えを出すのと、なんとなく答えを出すのでは、思考のプロセスが全く違うのです。

この「なんとなく」が直感です。

直感を使うことのメリットは?

1、意思決定が早い
2、後悔しない
3、しかも成功確率が高い

いいことづくしですよね。

後悔しない理由としては、いろいろ人から言われたりして決めたことよりも「直感=自分を信じて出した答え」なので失敗したとしても納得できるのです。

判断に迷ったときは直感に頼るべし

イスラエルのある大学の研究によると、たとえば「なんとなくこの人と気が合いそう」といった、日頃感じる最初の直観は、90%近い確率で的中することが証明されています。

過去の経験というデータベースから導き出しているからですよね。

次の実験結果も出ています。

実際に面接をした場合と、映像で一部だけ見た場合とで、面接官による評価はほぼ同じということです。「パッと見の直観とじっくり精査した結果では変わらない」ということが言えます。

それだけ直感の精度がすごいのであれば、わずか2秒程度で感じる「なんとなく」の直観を頼るほうが時間短縮ですよね。

直感の注意点

直感は使える! ということは分かりましたが、何でもかんでも「直感」に頼るのは良くありません。

例えば、薬の効き目のような科学的な実験や調査や分析によって答えを出すものに関しては、当たり前だけど直感に頼らないほうが良いです。

当たり前の話ですが、気をつけるようにしたいですね。

直感は技術である

では実際に直感を鍛えれば良いのかを説明します。

①最初の直観と現実を照らし合わせてみること
②実際に起きたことが直感とズレている場合はその原因を検証していきます。

このフィードバックを日々行うことで先読み力といえる直観力が鍛えられていきます。

そして、「次に行動あるのみ」ということです。

「ピン!」と直感しても行動しなければ、直観が「なかったこと」になってしまいます。

直観力を鍛えるには
1、まずは直観に従って行動し
2、それが違ったらすぐに修正する。

このPDCAをまわせばまわすほど直観が的中する確率も高くなります。

直観力がアップする7つの条件

条件

本書では7つの条件が紹介されていますが、ここでは特に大切なポイントを取り上げます。

直観に耳を傾ける余裕を持つ

「脳の余裕と心の安定」が非常に重要になります。

心に余裕がなければ直感は鈍ってしまいます。ストレスをはじめ脳の負担は直感の天敵です。

例えば、TODOリストを作ることで、脳のリソースを空けることで脳の負担を減らすのは有効ですよね。

また、平常心も大事とのことです。背水の陣で臨む状況だと、どうしても慎重になりすぎて直感を信じれる状況からは遠ざかってしまいます。

本業以外の得意分野を作る

専門外の知識が直感を鋭くします。人間の脳は、一つの分野に秀でると、それとは直接関係のない分野でも能力が活性化されるようになっています。

ノーベル賞受賞者には、音楽、美術、工芸、文筆といった芸術関係の趣味を持っている方が多く、ノーベル賞の受賞率が高いことが分かっています。

レオナルド・ダ・ビンチなんて、医者だったりしますもんね

直感を引き出すサイクルを理解する

直観が鋭い人はメリハリを重視しています。

1、「集中して思考する(Concentrate)」
2、「思考を一度止める(Stop)」
3、「リラックスする(Relax)」
4、「ユリイカ=直観で感じる(Eureka)」

という4つのステップを踏むことです。何事もあせっては良い結果がでません。

なんだか調子が悪いときにはスパッと作業をやめて休憩した方が良いのです。そうすると、ふとしたときに直感が降りてくるのです。

これ経験ないですか?

僕は大いにありです。特に考えがまとまらないときには歩くと考えがまとまることが多いです。

歩行瞑想をあわせて実行すると特に効果が高いです。
瞑想がうまくできない人は歩行瞑想がオススメ

休んでいる間に脳が再構築されるといえるでしょう。

直感の効果を悪くするバイアス

「バイアス」とは「先入観」「偏見」を持ってしまうことです。

「バイアス」が入り込むと直感の精度は一気に下がります。それはそうですよね、思い込んでしまうことで別の条件が出てきたことと同じになってしまいます。

だけど、簡単にバイアスを持たずに判断する!ということはできません。人間誰しもバイアスを持ってしまうものです。

じゃあどうすればいいのか・・

解決策は「人間はバイアスを持ってしまうものだ」という事実を認めることです。

ここでは代表的なバイアスを紹介しますね。

確証バイアス
自分にとって都合の良い情報や、自分の考えの裏付けとなるような情報だけを集めようとする傾向自己奉仕バイアス
「成功したら自分の手柄、失敗したら誰かのせい」だと考える傾向正常性バイアス
都合の悪い情報を見ないようにして「自分だけは大丈夫」と考える傾向

多数派同調バイアス
周りの人が行っていれば大丈夫・安心だと考える傾向

結構こころあたりのあるバイアスですよね・・・

バイアスを避けるためには

直感がひらめいたら紙に書いてみましょう。紙に書くことで客観的な視点を持つことができます。客観的な視点を持つことでバイアスがかかっているかどうかを知ることができるのです。

まとめ

やっぱりDaigoさんの本は科学的に実証されて実践的な内容の本ばかりなので本当に有益だと思います。

本書はそのほかにも直感を活かすべく実践的な方法論を詳しく書いています。

自分の決断にウジウジと時間を使ってしてしまう人にとって本書は本当にオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました